使用済みの自動車を処分する際の手続きにかかわることを、ここで可能な限り見ていきましょう

マイカーを売り払う場合の進め方としては買い取り、そして下取りがございますよね。下取りのケースはおニューの中古車を入手すると同時に今まで乗っていた使っていた自動車を買い取って頂くというものです。主には取扱店が買取を行うので価格のほうはどっちかといえば低目に見られる場合が多いです。

他方、買取のケースはユーズドカー買取専門ショップがやっていて、中古の自動車として売却することを前提として引き受け金額を決めるので、どちらかといえば高値での買受が期待できます。いずれにしろユーズドカーを買取してもらうことであり、売り払う前に買い取りプライスを決定するための品定めが行われます。

審査額をして頂く時気に掛かるのはリサイクル料になります。使っていた車の査定で提示される金額としてはそのユースドカーそれ自体の金額、車についてくる自賠責保険とかリサイクル料などなど含めた額の2つの種類が有ります。「リサイクル料」はその使っていた車を購入したさい、または「リサイクル料」が未払いだった場合ですと車検のケースで支払われるもので、将来的に使用済みの自動車を廃車として解体する場合必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルするときの料金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体する際にJARSから支払されることとなります。

その場合のコストはだいたい、軽自動車だと8千円位、普通車で10000円程、外国の車の場合1万5千円くらい、それとは別に2万円位を入金する必要性があります。大抵の使用した自動車引き上げの場合、こういったリサイクル料金をユーズドカーの買取額とは別個で引き受けされる事となるワケですが、リサイクル料をいれて引き取り金額としてるケースも有り、買い取りをお願いする時にはあらかじめ確認しておくことが要されます。