車チェンジしました

結婚して暮らしが落ち着いてきたのをきっかけに、荷物がもっと運べて大人(いつまでもなりたくないと考える人も多いかもしれません。
なにかと束縛されていると感じることも多くなるものです)数が乗れる車にチェンジしました。
下取りに出すのだから支出が減ってうれしいぐらいに思っていましたが、振り返ると買い替えも下取りも始めてだったので、見積書を拝見しても、下取りプライスが値引きと同じに思えてきて、これは嬉しいと了解してしまったのです。
供に行っていた家族の前では言い出せなかったですが、自分で考えていたより下取り額が低かったので、買取りショップの評価額だけでもとっておくべきだったなとのちのち後悔したワケです。

私の愛車は事故歴があって、フレームを修繕して頂いた経験があるので、内容としては修理歴有りになるでしょう。
しかし、サっと見た感じだと事故やリペアの痕跡はわからないです。
愛車の買取をしてくれるショップにそのことは正直に伝えなければならないんでしょうか。
それで後日減額を求められても不快でしょうし、訴えられたりしたらただ事ではないです。
そうした危険性を抱え込んでしまうと考えれば、事故やリペアに関しては先に言っておくのがいいと感じました。

買い取り店がペテンをはたらくケースもあるので要注意です。
他所とくらべても高い見積もり価格を提示して取り引きし、難癖つけるようなことを色々と言って当初とは全然異なる安価で買上げようとしてくるのです。
とんでもなく低額なのでオーダーを断ろうとすると、くるまはすでに輸送してしまったなどと言って、移送料や保全料などの名目を偽装して高額請求してくるという手段も見受けられます。
また、それ以外の例では、くるまの引き渡しを終えたのにその振込がないというインチキもあります。